上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
 新世紀エヴァンゲリオンという衝撃的な変態作が生まれて十余年。
 時代は20世紀から新世紀である21世紀にかわり、それでもあまり世界の様子は変わらず、日本国内では閉塞感がさらに厚みを増して覆っています。

 そんなときに、何でまたあの鬱アニメをリメイクするのか・・・と思ってたのがこの、ヱヴァンゲリヲン新劇場版です。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【通常版】 [Blu-ray]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【通常版】 [Blu-ray]
(2010/05/26)
林原めぐみ緒方恵美

商品詳細を見る



ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [DVD]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [DVD]
(2009/05/27)
三石琴乃林原めぐみ

商品詳細を見る


 すでに、新世紀に入ったということで、タイトルはヱヴァンゲリヲンとなり、絵は全て書き直されているものの、ストーリーは同じで、3部作(4部作?)の映画になるって、そこまで金を稼ぎたいのか・・・と思ったのですが・・・内容は、衝撃的な新作です。それも、「新世紀」の鬱を吹き飛ばすような。

「新世紀エヴァンゲリオン」は、別の意味で衝撃的な作品でした。
 それは、従来のアニメや映画のストーリーの構図を踏襲しながら、結論は真逆に落ちていくという、非常に辛いストーリーが綴られていたからです。

 世の中の多くの映画やアニメは、この様な流れでストーリーが語られます。

1.主人公登場!こいつすげえ!と、観客に思わせる
 ↓
2.調子こいた主人公が敵にボコにされる
 ↓
3.主人公が何かをきっかけで成長する
 ↓
4.主人公が敵をやっつける

 ドラゴンボールも、アバターも、ハートロッカーも、スパイダーマンも、みんなこんな流れです。

 しかし、エヴァンゲリオンの場合、まず1でつまずきます。

 地球滅亡の危機。巨大ロボットの前に連れてこられた主人公は、父親の「コレに乗って、敵を倒せ」という命令に対して、

「ムリだよ!そんなのできっこないよ!」

 と、ある意味当然の反応をします。
 さらに、長い長い話の終わりまで、乗るの乗らないのでうじうじしている。
 まわりの人が大変な目に遭っているにもかかわらず、かたくなに腹をくくらない主人公の態度には、殺意すら覚えます。

 そして、最大の違いは3です。
 一度敵に負けた(これがまた、エヴァンゲリオンが弱いんだ)主人公たちは、様々な辛い試練を乗り越えた再び戦場に戻るのですが、この辛い経験を経ても、彼らはあまり成長しないのです。

 元々登場人物全員が心にトラウマを持っているのですが、基本的に3で起こることが、そのトラウマの傷口に塩を塗り込まれるような事態であり、その後なんとか敵を倒すものの、敵を倒す過程で、さらにブッチャーの凶器攻撃のような悲惨な事が起こり、トラウマはより深くなっていく。

 こんな事が延々と繰り返され、最終回にたどり着いたのは、人類滅亡の一歩手前、全てが消えて亡くなる寸前でなんとか思いとどまった という、地獄の入り口のような場所でした。

 そんな恐るべき鬱アニメ。
 しかし、10年の時を経て、大きな変化が生まれました。

 攻めてくる敵はほぼ同じ。序盤に起こる事件もほぼ同じ。
 しかし、主人公たちは、少しずつ自分の置かれている状況や自分の心のトラウマと向き合っていきます。
 そこで、「自分の意志を持つ」とか「人を好きになる」とか「人と心を開いて会話する」というような、今までの自分が出来なかったことに足を踏み入れていきます。

 謎の敵が攻めてきて、巨大ロボットでやっつける、という非日常の合間にある、友達や保護者との日常。
 この中での小さな変化が、物語を大きく変えていくのです。

 最後の最後まで、自分の意志で何かを成し遂げるということが出来なかった主人公が、映画第二作(=物語の中盤)でみせる、男樹あふれる行動。

 これは、主人公の変化だけではなく、ヒロインが心を持ったこと、友達が心を開いたこと、そんな複数の要因から紡ぎ出されたモノです。

 オタク的にウジウジとした物語を紡ぎ出していた、本作の総監督庵野秀明。
 彼も、この10年間で、結婚をして家庭を築き、自分のスタジオを作って従業員を雇いと、人とふれあい、現実世界で人間関係を構築してきました。

 その中で、人の世話をし、世話をされ、助けて、助けられる間に、多くの心境の変化もあったのでしょう。

 ここ20年くらいしょぼくれ続けている日本ですが、その中で生まれた最しょぼくれな物語は、10年の時を経て、状況を理解し、腹をくくり、勇気ある一歩を踏み出し、結果を出しました。

 日本人も、これを見習って、腹をくくって何かをはじめる時が来たんじゃないでしょうか。
 いきなり財政赤字を全部なくしたり、国民所得を跳ね上げるのはむりですが、日常生活でちょっと勇気を出して自分が出来なかったことを挑戦してみるといったことを繰り返すと、それが、どこかで訪れる非日常の結果を大きく変えるかもしれません。

 逃げちゃだめだ、逃げちゃダメだと、自分を追い込むのではなく、自分が楽しいとやりたいと思う心に素直になること。
 みんなで、楽しく生きていきましょう。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [DVD]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [DVD]
(2009/05/27)
三石琴乃林原めぐみ

商品詳細を見る

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【通常版】 [Blu-ray]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【通常版】 [Blu-ray]
(2010/05/26)
林原めぐみ緒方恵美

商品詳細を見る

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITIONヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITION
(2009/07/08)
サントラ林原めぐみ

商品詳細を見る


関連記事
Check
Secret

TrackBackURL
→http://mota2009.blog28.fc2.com/tb.php/98-91724eeb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。