上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
 オーシャンズと

オーシャンズ コレクターズ・エディション [Blu-ray]オーシャンズ コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2010/07/09)
ジャック・ペランランスロ・ペラン

商品詳細を見る

 ディープブルー

ディープ・ブルー -スタンダード・エディション- [DVD]ディープ・ブルー -スタンダード・エディション- [DVD]
(2006/06/23)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る

 ほとんど違いが分からないパッケージ画像からもわかるように、二つを混ぜてもどっちかどっちだか分からないような、似たような映画です。
 しかし、両方とも、ダイビング好きにはたまらない映画です。ダイビングしたことない人が観ても、潜りたくなるかも。
(ちなみに、ジャンレノが素潜りするのは、グランブルーです)

 ただひたすら、海の生物の様子を撮影したフィルムに、音楽をのせて、美しく、感動的に仕上げただけの映画なのですが、ダイビングをやるモノとしては、コレの撮影にどれほど労力を使ったのか考えるだけでも、神認定したくなるほどの映像です。

 なにせ、ダイビングでは、クジラやイルカなんかの大物に遭遇するだけでも運が良くなくては出来ないのに、さらにそれが狩りをする場面なんて、どれくらいの確率で遭遇できるのかと。

 さらに、ダイビングで一眼レフカメラを使うだけでも滅茶苦茶でかいカバーやライトが必要なのに、映画の撮影なんてどんなことになるのかと。

 そして、海の中で体勢を一定に保つだけでも大変なのに、静かに動く動物を、カメラを揺らすことなく撮影するなんて・・・。

 もう、映像自体が奇跡みたいな恐るべき映画なのです。

 とはいえ、観るときはでかい画面に映して、どわーっと、その雄大さと繊細さに感動していればイイだけなので簡単です。

 オーシャンズは、ディープブルーよりも、「人間によって海の生態系は破壊されている・・そのために海の生物は・・」的な説教が多いのですが、正直そんなことは要りません。
 その象徴的なシーンとして、オーシャンズに、サメが人間(たぶん中国人)に捕獲されて、ひれだけ切り取られて、生きたまま捨てられるというシーンがあります。

 しかし、ディープブルーで、シャチがクジラの赤ちゃんを狩るシーンがあるのですが、シャチはクジラの舌とあごだけを食べて、残りの部分はそのまま沈んでいきます。

 そして、沈んでいった身体は、小魚の餌となり、残った骨は海底の砂となり、別の生命の源となるのです。

 愛すべき、生まれて育っていくサークル
 君やぼくをつないでる緩やかな止まらないルール


 また、オーシャンズの中では、大物だけではなく、コブダイやカサゴなどの中型の魚もフィーチャーされています。



 佐渡島で撮影された、「コブダイの激しい縄張り争い」(と、宮沢りえがナレーションする)シーンは、 どう見ても、

「ここはぼくのなわばりだから、はいってきちゃだめなんだよー。こぶこぶ。」
 といってじゃれあっているようにしか見えません。

 その、こぶこぶっぷりが可愛らしくてたまらない。

 こんな風に、人間は勝手な道徳観や状況説明で魚や地球の様子を解説しているけど、たぶん魚や地球的にはそんなことはお構いなしで、自分で勝手に生きているわけです。

 でも、人間としては、自分の考えにオーバーラップして物事を見た方が楽しくなるわけで、やっぱり、いろいろな台詞をかぶせてみたくなってしまいます。

 その最たるモノが、「ファインディングニモ」で、海の生物たちの動きの特徴に、面白すぎる台詞を重ねて、人間が持っている様な悩みや喜びを表現させているのです。

 だから、我々も海の生物を観るときに、こういう映画で制作者がつけたストーリーや台詞に乗っかるも良し、自分で台詞を考えるも良しと、いろいろな楽しみ方が出来るのです。

 でも、一番楽しいのは、やっぱり自分で潜って、自分で観て、自分で台詞を考えること。

 その魚がいる海が、陸地からどれくらい離れていて、どれくらいの温度で、どれくらいの広さで、まわりにどんなモノがあって、どれくらいの早さで泳いでいて・・・そんなたくさんの情報を踏まえて、今この魚はどんなことを考えているんだろうなーと想像するのは、ものすごく楽しい作業なんです。

 もっというと、旅の楽しさってのはそういうことです。
 ある特定のモノを観ることが楽しいのではなくて、そのモノのまわりの環境(それは地理的な事であり、歴史的な事であり、まわりにあるモノであり)を身体で感じながら、いったいこれはどういうモノなんだろうってのを想像するのが楽しいのです。

 私が世界一周中に書いた文章は全てそんなモノ。
 いろいろな国の経済状況や歴史、現地の風景や人々の姿をちょこっとだけかじって、あとは想像力を膨らませて、その国のイメージをスケッチする。

 観ることと、想像することと、スケッチすること、その全てが楽しいからあんなにマメに、2日に一度以上も更新できたんだなあ・・・と、思うわけです。

 と、いうわけで、来月末には、オーストラリアのグレートバリアリーフに潜ってクジラちゃんに会ってきます。

 南太平洋はどれだけ広くて、クジラちゃんはどんな風に泳いでいるのでしょうか?
 潜る前に想像するだけで楽しくて仕方がありません。

ファインディング・ニモ [DVD]ファインディング・ニモ [DVD]
(2007/06/20)
アンドリュー・スタントンアルバート・ブルックス

商品詳細を見る

グラン・ブルー 完全版 -デジタル・レストア・バージョン- Blu-rayグラン・ブルー 完全版 -デジタル・レストア・バージョン- Blu-ray
(2010/09/24)
ロザンナ・アークェットジャン=マルク・バール

商品詳細を見る

関連記事
Check
Secret

TrackBackURL
→http://mota2009.blog28.fc2.com/tb.php/95-6be1e9fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。