上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
と、いうわけで、前回に引き続き2005年9月に書いた、「村上龍(ドラゴン)の世界」をお楽しみください。
後編の方が、今のスタイルに近いですね。


彼のいいところは、「昔はよかった」という言葉を徹底的に嫌っていること。

「昔は、そんなもん、拳で殴り合って分かり合ったもんよ」などと言う言葉に対して、

「当時はほかにやらなくては生きていけないことがたくさんあったが、今は違う。考える時間がたくさんある。お互いがきちんと納得することが必須になってしまったのだ」と、一刀両断。

「昔がよかったというのは、「過去のことは楽しいこと中心に記憶する」という人間の特性が現れているだけ。昔は、ワールドカップもみれなかったし、海外旅行も行けなかった。全てにおいて今の方が豊かになったことは明らかだ」
と、いったように、過去の自分たちを肯定して、今の人間を批判するという考え方を否定している。

今は昔よりずっとよくなった。これからもよくなるであろう、という希望をもって、現在の問題点を探っている。

私が読みとった範囲での問題点は以下のようなものです。

「日本は高度に組織化されたために、全員が意志を持って働かなくても、一部全く働かなくても、全員が生きていくことが可能になった。

しかし、全く働かなくてもいい人間も、自分が働かないことには引け目を感じている。
だが、人とふれあうという最低限必要な訓練すら積んでいないので、何も行動を起こせない。このような場所で悩んでいる人間がたくさんいる。

人間の欲求は、衣食住の次に、「他者に喜ばれる」「他者から尊敬される」というものがある。彼らはこれを全く満たせないでいる。

また、経済が停滞する中で、「意志を持って働いていない人」を養っていく体力が組織に亡くなっている。これによって、今までの組織の中のルールの中でしか訓練されていなかった人が、ルール無用の世界にほおり出され、途方に暮れいている。

ボクシングの訓練しかしてない人が、何でもありどころか、武器もありの世界にほおり出されたようなもので、高度なボクシング技術がある人はともかく、中途半端な技術しか持っていないものは無力化している。

このように、高度な社会の中で守られ、訓練を受けていない人たちの負い目と、ソフトに守られていた人たちが、守りの中からはずされた不安、無力感、この2つが顕著化しているのが現在である。

ただし、これは、社会が成長しているから起こっている成長痛であり、時代が悪くなっているわけではない。
さらなる成長のためには、これを乗り越えねばならない。
そして、乗り越えるためのキーワードが、「自立」である。

そして、依存関係が成り立っている組織から、それぞれが自立し、依存関係が存在しないコミュニティを作っていくべきである。

ってのが、ドラゴニズムではないかと私は思っています。
的を得てると思うし、何より、前向き。非常に好感が持てます。


また、中田英との対談本「文体とパスの精度」の中では、お互いプロの世界で自立している者同士が、お互いを認め合って話をしているのが印象的です。
また、プロの作家、プロのスポーツプレイヤーという、マスを相手にしている商売にもかかわらず、インターネットというツールを使ってマスを相手にすることによって、マスコミから独立し、自分たちの望んでいるコミュニティを作りつつある、という姿が非常にカッコいいです。

中田も7年前はマスコミ相手に突っ張ってて馬鹿だと思っていたけど、この本を読んで考えが変わりました。
非常に、クレバー。

ここ数年で成長したのか、単に考えを外に出すルートがきちんと出来ただけなのかはわからないけど。

ちなみに、村上龍も最初はドラッグ&SM作家。初期の作品は、かなりエグイです。「限りなく透明に近いブルー」とか「トパーズ」とか。

なお、前編文章の中で、ちゃんと本を見て引用したのは、最初の「誰にでもできる・・」の文章のみです。
あとは、私のつたない記憶力のたまものですのでご了承を。(←依存)

文体とパスの精度 (集英社文庫)文体とパスの精度 (集英社文庫)
(2003/04)
村上 龍中田 英寿

商品詳細を見る


限りなく透明に近いブルー (講談社文庫 む 3-1)限りなく透明に近いブルー (講談社文庫 む 3-1)
(1978/12)
村上 龍

商品詳細を見る


トパーズ (角川文庫)トパーズ (角川文庫)
(1991/11)
村上 龍

商品詳細を見る
関連記事
Check
Secret

TrackBackURL
→http://mota2009.blog28.fc2.com/tb.php/8-592fe8e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。