上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
一度は途絶えたディズニーアニメーションの復活。
 
 シンデレラや白雪姫などのアニメーションを作ったディズニー。
 しかし、最近は全くヒットせず、トイ・ストーリーなどを作ったピクサーに実質買収されています。

 そして、トイ・ストーリーのプロデューサーが作り上げた、新しいディズニーのプリンセスアニメーションがコレ!

pkiss


 ピクサーのアニメは、おもちゃや魚やロボが主人公でありながら、現代の人間が抱える、不安や悩みを表現し、彼らがそれを克服していくことを魅せてくれます。

 今回の登場人物たちは、どんな闇を抱えているのでしょう?

 舞台は20世紀前半のジャズの都、黒人差別の巣窟ニューオリンズ。
 
 主人公は、貧乏な黒人女性。
 父親は戦争で戦死。父親の夢でもあったレストラン経営のため、仕事をいくつも掛け持ちしてお金を貯めています。

 そこに突如現れる王子様。
 よくわからん国の王子なのですが、全然働いたことがなく、遊んでばかりで、あまりにもバカなので、王様に勘当されたのか、一文無しでニューオリンズに迷い込んできたのです。


 ディズニーの話は、一般的に「宝物としての金貨」はあっても、「お金」は出てきません。
 しかし、この物語の二人の主役は、緑色の札束(=ドル紙幣)に振り回されているのです。

 黒人。アメリカ。金。
 ディズニーが触れてこなかった部分にガンガン踏み込んでいるのが爽快です。

 で、このバカ王子が、悪い魔法使いに騙されて、カエルになるところから物語は始まります。

 ちなみに、英語のタイトルは、The Princess and the Frog (プリンセスとカエル)
 こっちの方が正しい気がします・・・。

 そして、カエル王子も主人公も、絵本で読んで知っているのです。
 カエルにされてしまった王子は、プリンセスのキスで元に戻ると。

 ネバネバしたカエル王子に主人公がイヤイヤキスすると・・・主人公はプリンセスではないので、二人ともカエルになってしまいます・・・。

 現実は厳しいですね。
 なんというか、格差社会を感じます。

 なんやかやで、森の奥に住む魔法使いのババアに人間に戻してもらおうと頼む二人。
 ババアはこういいます。

「欲しいモノと、必要なモノは違うんだよ。」

 主人公が欲しいモノはお金。父の夢でもあったレストランを経営するために、一生懸命働いて、たくさんお金が欲しい。
 王子が欲しいモノはお金。遊んで暮らすために、好きでもない金持ちと結婚してでも、たくさんお金が欲しい。

 大変現実的な、現代アメリカ的なテーマです。


 引き合いに出すのもなんですが、アバター
 この二人の問題は、アバター的世界観をもってするとこの様に分類されます。

主人公 一生懸命頑張る働き者 = 青い宇宙人 = 善。
王子  楽してもうけようとする欲張り = 人間 = 悪。

 主人公が王子をぶっ殺して話が終わってしまいそうです・・・。


 しかし、単純な善悪論で終わらないのがこの映画。

 こんな正反対の道を通って、同じモノを求めている二人のカエルは、冒険を続ける中で少しずつ心を通わせていきます。
 
 野菜を刻んで料理をつくる楽しさを。
 音楽に合わせて踊りを踊る楽しさを。

 正反対の二人が、お互いが楽しいと思うことを知ることによって、もう一段深く考えることになるのです。

「私がレストランを持ちたい理由はなんだろう?」
「私が遊んで暮らしたい理由はなんだろう?」


 そして、物語はおとぎ話のように、観ている人たちに、夢と希望を与える展開に収束していきます。

 最初は、黒人、貧乏、過剰労働という、リアルな問題を描き、
 その後、カエルになっちゃった!という、おとぎ話的な問題に移り、
 魔法使いのババアが、カエルに、リアルな問題の解決の糸口をつかませ、
 その答えが見えたところで、リアルな話とおとぎ話が、素晴らしいひとつの物語になる。

 完璧な、脚本。
 まさに、ディズニーのおとぎ話と、現代人の抱える物語の一体化です。

 現実的にある問題に対して、おとぎ話の中で答えを見つけて、また現実にかえって解決する。
 これは、ある意味、最高の映画体験。「一生モノの映画」ってやつです。

 映画を観る人が幸せになる様を、映画の中で実現してくれる。
 これぞ、まさに子供に夢を与えるディズニーのおとぎ話なのです。

 しかも、子供だけではなく、大人にまでその体験を与えてくれる。
 現実逃避にもなり、現実の問題を直視することにもなる。
 あらゆる人にお勧めの、大傑作です!
 
関連記事
Check
Secret

TrackBackURL
→http://mota2009.blog28.fc2.com/tb.php/53-14849dcf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。