上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
年賀状に「今年の目標は婚カツです。」と書いてみたら、9割の返信にそこに関するつっこみがあり、何かやらなくてはならなくなってきた今日この頃。

 その中でも、一番美味しいアドバイスが、
「磯山さやかが、結婚相手を募集している。」

磯山さやか婚活宣言!年内「絶対入籍」計画

 と、いうわけで、彼女のblogを見てみると、「公開お見合い」の受付をしております。

☆磯山さやかお見合い相手募集☆

 思いっきりただの一枚のHTMLなんですけど・・・。
 しかも、「応募する」ボタンを押すと、メールソフトが立ち上がります。(mailto:って奴です)
 大丈夫なのか・・・このしょぼさ・・・。と思いながら、「番組出演(顔出し有り)」を可にして応募してみました。
 当選すると、公開お見合いが、ニコニコ動画で生中継されます・・。
 
 残念ながら今回は、クリックで投票とかもないので、選考基準もさっぱりわかりません。。競争率が高いのか低いのか・・。

 ネタ的には面白かったのですが、メール一本で終わってしまって寂しいので、続いて映画を見に行くことにしました。

(500)日のサマー
500days Summer


 もりぞおさんは、一昨年8月に日本を出て、赤道直下→南米とずーっと夏を追いかけていたので、2008-9年にかけて500日くらいずーっと夏でした。

 この映画はそんな話では全然なく、主人公の男性がサマーという女性と出会ってから500日間のお話です。

 ただ、普通に1日ずつ綴られていくのではなく、500日がバラバラに出てきます。

 最初、初めてサマーを見かけた1日目なのですが、いきなり400日目くらいに飛びます。そのあと3日目くらいになって・・・と、話があっちこっちに飛びまくるのです。

 基本的には最初の方→最後の方→また最初の方と、段々真ん中に近づいていく、「火の鳥」方式なのですが、途中からその法則も崩れてきます。
 ラブラブIKEAデートのすぐ次に、会話もなくIKEAをぶらつくなど、この編集がとても楽しいです。

 それ以上に、この映画を特徴づけているのが、「完全男性視点」です。

 映画の中で流れる「心の声」はほとんど主人公。
 時々「神の声」として、監督と思われる男の声もします。

 そして、劇中で主人公はサマーに、ぶんぶん振り回されまくります。
 
 明らかに気が強そうなサマーと、明らかに気が弱そうな主人公。
 恋に恋する主人公と、必ず「I like you.」としか言わないサマー。

 時代の趨勢を表現するような、見事な女性上位の映画です。

 しかし、この映画が心地いい。
 監督は、この映画が初監督作品らしいのですが、元々音楽のPVを撮っていた人らしく、音楽と映像が異常にお洒落なのです。

 この監督は、映画の冒頭でこう言っています。

「この映画はフィクションである。
 実在の人物に似ているかもしれませんが、偶然です。
 特に、ジェニー・ベックマンは・・・ビッチ!!

 どうやら、自分がジェニー・ベックマンという人に振られた憂さ晴らしに撮った映画みたいです・・・。

 そして、この映画は、「Love Storyではない。単なるBoy meets Girlの物語です。」
 とのこと。

 従って、濃ゆい愛憎劇は一切出てきません。
 出会って→仲良くなって→ビミョーになって→仲悪くなって→別れて→内緒
 という話が、バラバラの順番で流れていきます。

 そこで、最も問題なのが、「仲良くなって」から「ビミョーになって」の間。
 明らかに、どこかのタイミングで、サマーが主人公に嫌気が差すタイミングがあるのですが、それがさっぱりわからんのです。

 完全男視点で描かれているこの映画。
 主人公も、そのタイミングにさっぱり気付いていないのですが、脚本がしっかりとよくできている映画なので、きっとどこかにそのタイミングが隠されているはずです。

 だめだ・・女心わかんないよ・・・。

 と、言うわけで、読者参加型企画!
 女性読者の皆様、この映画を観て、この「サマー・タイミング」を教えてください。
 直接伝えて頂いても、コメント欄でも、メールでもOKです。

 ただ、この企画、かなり企画倒れ感が漂っています。
 と、いうのも、この映画、東京都内で2館。全国でも10館でしか上映していないのです。。

 地味にいい映画なのになあ・・・。もったいない。。

 と、いうわけで、のだめよりは面白いと思いますので、ヒトツヨロシク。
関連記事
Check
Secret

TrackBackURL
→http://mota2009.blog28.fc2.com/tb.php/35-4b965520
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。