上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
もりぞおさんは、就職活動マニアでもあります。

 色んな所に面接に行くのが楽しくて、年中就活をやっていました。
 おかげで、履歴書や職務経歴書はこまめに書き換えているし、面接で何を話せばいいかも、ほぼ自分の方法論を確立しています。
 ただ、いまちょっと考えている海外就職となると話が変わってきます。
 どんなものがいいのかよく分からないし、英語の履歴書も超適当につくったものしかありません。

 と、いうわけで、某人材が社がやっている、英語職務経歴書の書き方セミナーを受けてみました。

前半3時間は日本人講師による、職務経歴書の中の「職務要約」の書き方
後半3時間は外国人講師による、英文職務経歴書の書き方(全編英語)
の豪華6時間セミナーです。

 この2名の講師、どちらもヘッドハンターなどの経験があり、履歴書を「読む」側だった方です。
 そして、この講座は「読む」側からみた、履歴書作成のコツを教えてくれるのが非常に素晴らしいです。
(ちなみに、一緒にセミナーを受けたホテルのマネージャーの方も「顧客の立場になったホスピタリティ」が最重要事項だと言ってました)

 また、この「読む」側の視点でのアドバイスが、日本語履歴書と英語履歴書でポイントが違うところが面白かったりします。

 日本語の履歴書の場合、第一印象が決るのは最初の6-8秒。
 何十枚、何百枚と送られてくる履歴書を全部読む事なんて出来ないわけですから、当然と言えば当然の合理化です。

 だから、履歴書の頭に「職務要約」という形で、自分の経歴やスキルのエッセンスを200-400文字で記載するのが大切なわけです。

 それに対し、英文履歴書の場合、最初に履歴書を読むのがスキャナー。
 つまり、履歴書をスキャンして、求める人材に関連する単語があるかをコンピューターでピックアップして該当するものだけを人が読むわけです。

 欧米人の合理化、恐るべし。。たった8秒でも人間が目を通してくれる日本の人事のなんと優しいことか。。

 と、いうわけで、英文履歴書で大切な事は、「採用担当者が求める内容をいろいろな単語を使って何度か書く」ということです。
 例えば、解決したってことでも、solvedとかfoundedとかsettledとか、毎回違った単語を使うだけで、スキャナーの目にとまる確率が上がるわけです。

 また、これは日本語も英文も同じなのですが、英文で特に顕著なのが「見やすさ」
 日本語のネットで拾った職務履歴書のフォーマットに則って書いたもりぞおさんのをみるなり言われたことが

「It's too black!」

 どうやら、外国人は文字が多いと読まないようです。
 
 基本は10年分で1ページ。多くても2ページ以内。
 ぱっと見た感じ、白く見えることが必須。

 てめーら、人を採用しようとしてるんだから根性で読めよ!などと思ってしま うのは日本人の悪い癖。
 自分たちが読みやすいものを作れる人が自分たちが一緒に働きたい人であるわ けだし、自分たちの労力を最小化して一緒に働きたい人を採用するのが彼らのミッ ションなわけです。

 それを考えると、日本の「就活」の「エントリーシートは手書きで書かなきゃ いけない(しかも、修正液は使っちゃいけない)」のいかにバカバカしい事か。

 読みにくい手書きの文字を読まなきゃいけないし(当然紙面は真っ黒だ)、な くしたらヤバイから事前にコピーを取らなきゃいけない。必要な単語をスキャン してピックアップするなんて夢のまた夢。
 勿論書く方は無駄な労力と神経を使いまくり。

 採用する側もされる側も、誰も幸せにならない無駄な根性論。
 新卒の就活もせめて「最初の400文字」に注力すればいいくらいの割り切りを してくれれば、人事部も就活生ももちっと幸せになれるんですけどねえ。。

 そんなことを考えてしまうもりぞおさんは、やっぱり日本企業で働くことは向 いていないのかもしれません。

 ちなみに、英文履歴書のフォーマットは
「Free Style!」
 ネットで適当なフォーマットを探してもいいし、自分で考えてもいい。

 企業ごとにエントリーシートなどという奇妙なフォーマットを押しつけてくる 企業とはやっぱり大きく違う。
 自己アピールくらい好きな形でやらせてくれよって思うもりぞおさんは(以下 同文)

 そんな感じで、このセミナーでは「400文字以内の職務要約」と「白くてシン プルでスキャナーにピックアップして貰いやすい英文履歴書」を作るコツをげと 出来ました。

 ジャパニーズスタイルのきっちりとして字が多い、手書きのエントリーシート のような履歴書を各地に送りまくっているもりぞおさんの様な人にお勧めです!


【広告】
 同じ先生が行う、英語面接のセミナーが2012/2/5に開催されるようです。
「ネイティブ面接官から見た英語面接」 一日で完全対策!1 Day レッスン&スペシャルセミナー

 なんか、申込時に割引=その他 メッセージ=もりぞおさんのblogを見ました って入れると、12600円を10000円にまけてくれるそうです。なんかすげえ。
 これ以前に申し込んだ人は、メールでもりぞおさんのblog見た旨をお伝え下さい。
※値引きは先着5名様だそうです! 
 私も参加したいのですが、残念ながらその日ジャカルタかバンコク行ってる予定なんだよな。。

関連記事
Check
Secret

TrackBackURL
→http://mota2009.blog28.fc2.com/tb.php/193-f09f9b68
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。