上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
もりぞおさんは、今、ノートPCが欲しくてしょうがなくなっています。

 今、アルゼンチンで買ったスペイン語キーボードのネットブックと、Windows7発売直後に買った自作のデスクトップがあるのですが、これから移動の機会が多くなるため、ちゃんとしたノートPCが欲しくなっているわけです。

 ハードとして、ゼッタイに欲しいのがSSD。
 簡単に言うと、ハードディスクドライブの代わりに、フラッシュメモリ(SDカードみたいなもん)がついているPCで、全ての動きがキビキビしているのです。

 基本、電化製品はネットで買うのですが、ノートPCは実物を触りたいし、中古で買うことも考えているので、やはりモノが集まる秋葉原に行くのが定石になってきます。

 やってきました、秋葉原。
太郎

 この看板、まだあったのか。。。
 4,5人前の首相だね。遠い過去の人だ。。5年前だけど。

 さて、早速中古のPCを見て回るのですが、2006年くらいに発売されたPCの値段が、1万円以下になっています。。
 まあ、この頃からネットブックが出回って、新品でも5万円切るようになってるからねえ。。と思ったら、こんなモノが。。

ゴミ

 4980円!まるで、PCがゴミのようだ・・・。
 デフレとかそういう問題じゃなくて、PCが完全に日用雑貨として生活に溶け込んできたことのあらわれかもしれませんが、さすがにコレは。。
 ちゅか、私がチリで盗まれたのと同タイプな気が・・。

 さすがにこんな限りなくゴミに近いPCを買う気はないのですが、2008年頃に出た機種が4,5万円で買えることには、ちょっと惹かれます。

 とはいえ、将来的に液晶ディスプレイにつないでメインマシンとすることも想定しているため、パワーのないマシンはNG。そして、SSDがついているとなると・・中古ではちょっと難しそうです。

 SONY VAIO Zとかスペック的にはいいんだけど、値段が30万円近くするし。。デフレ知らずの値段設定がさすがSONY様なのですが、売れてるでしょうか・・。
 で、今候補に挙がっているのが、パナソニックのレッツノートJ10とMac Book Air。

 レッツノートは、世界一周中も元気に稼働していた大変頑丈なマシンで、SSD搭載モデルでも安いところなら10万円ちょいで買えちゃおう。 しかし、一つ、巨大な弱点が。

 デザインが、ダサイ。

レッツノート1

 なんというか、厚さが、20世紀のPC。

レッツノート2
 
 ただでさえ分厚いのに、ふかふかした皮をかぶせて、さらに厚みを持たせているのが意味不明。
 ちなみに、実物は、写真で見るよりさらに分厚く見えます。

 ジョブス様が封筒から取り出した、

MBA2.jpg

 Mac Book Airの、洗練の極み

MBA1.jpg

 と比べると、哀れみを通り越して愛おしさすら感じてしまいます。

 さあ、どっちを買うか。。
 
 家で使うときは、Windowsで使ってる(NTFSの)外付けHDをつなぎ、外付けのキーボードやマウス、スキャナーやスピーカーをくっつけて使うことになるのですが、とりあえずは全部つなげそうな事はわかりました。

 Windowsしか使えないソフトのために、MacOSとWindows7を両方インストール出来ることもわかりました。

 不安要因はないはず・・・なんだけど、いまいちMac OSに踏み切れない。。なんでだろう。。

 と、いうわけで、最近WindowsからMac OSに乗り換えた人。
「全然問題ねえ!」とか「アレはヤバイ」とかのご意見をいただけたら幸いです。

 で、一応オチをつけておくと、先ほどみた、我が国最高の明後日方向の技術力を持つNEC様が、こんなモノを発表していました。

NEC.jpg
 
 画面部分を取り外せば、タブレットとして持ち歩け、合体すればデスクトップPCに!
 デザインも機能もコンセプトも地獄。しかも、お値段はiPad2枚分の10万円。
 
 さすがは、NEC!
 
関連記事
Check
Secret

TrackBackURL
→http://mota2009.blog28.fc2.com/tb.php/186-26931382
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。