上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
今回、ギリシャで最も観たかった場所がメテオラです。

メテオラとは、ギリシャ正教の聖地で、数々の修道院が建っている場所です。
その建っている場所が変態的なことで有名な場所でもあります。

調べてみると、アテネから電車で4時間ほど行ったカランバカという街から、バス+膨大な量の徒歩もしくは、アテネからツアーバスで行くのが普通のようです。
膨大な徒歩だけは避けたい為、アテネ市内でツアーを探すのですが、どの旅行会社に行っても、「冬は毎週水曜日のみ出発」 そして、今日は水曜日。
どうやら、冬のギリシャは観光も全くやる気がない上に、私の運勢もこの上なくついていないようです。

仕方がないので、電車でGO!
地球の歩き方をみると、バイクのレンタルもあるって書いてあるのでなんとかなるでしょう。

カランバカの街に着くと、街の向こうに巨大な断崖絶壁が見えます。



どうしてまあ、こんなふざけた断崖絶壁が出来るのか。自然の脅威とは恐ろしいものなわけですが、こんなところの上に教会をつくる人間もどうかしてます。

到着当日は、バイクを借りるのもなんなので、トレッキングルートを歩いて右半分の教会を見ることにしました。

町外れの登山口から山道に入るのですが、日頃の運動不足がたたり、身体ボロボロ。2年前のアルゼンチンでは、往復7時間くらいノンストップで歩いてたんだけどなあ。。

高地トレーニングの成果を思い知る フィッツロイ国立公園7時間修行

さらに、日が沈むに従って気温はどんどん下がっていき、しだいに粉雪が舞い始めると、なんでこんなひどい目に遭わなくてはならないのかと悲しくなってきます。しかも、運動により発汗し、ユニクロのヒートテックが発熱するため、身体だけは暑いし。

そんな悲しい状況を30分ほど耐えて、たどり着いたのが、ここ!



本当に山のてっぺんに教会があります。
そして、その岩山に入るための石の階段が。
まるで、ドラゴンクエストの世界。

ちなみに、この階段は19世紀に作られたそうで、それまでは下界との人や物の移動は縄で吊り下げられた樽だけだったそうな。

30分くらいの山歩きで弱音を吐いているもりぞおさんとは、桁違いの絶望的状況。宗教、コワ!

そして、翌日。
見事な晴天!そして、自由気ままなバイクの旅!



僕らの、自由を!

というわけで、駄文はこの辺にして、残りは、不思議で美しすぎる風景をお楽しみください。



この、超原始的なエレベーターが、物資を運ぶ命綱だったらしい。今は階段で登れるけど。




大きい修道院は、こんな感じの集合住宅になってる




この、断崖絶壁っぷりは、崖マニアにはたまらない。(私は崖マニアではない)



冷静に考えると、修道院がなかったとしてもとんでもない絶景だ。



そして、この空の色を観ていると、ギリシャの国旗の色の理由がよくわかる。

そんな、ギリシャの聖地でした。
関連記事
Check
Secret

TrackBackURL
→http://mota2009.blog28.fc2.com/tb.php/138-5a7319c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。