上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
今回私がオーストラリアに行ったときは、1US$ = 84円くらいの円高。
オーストラリアドルもさぞかしお買い得であっただろうと思ったのですが、実はUS$と比較してオーストラリアドルもかなり割高になっていました。

AUDUSD.jpg


 したがって、さほどは得してないというのが現状です。

 日本円が円高なのは、アメリカやユーロがバンバカ現金を発行していることや、元々最悪の状況なのでしばらくはこれ以上悪くならないという思惑が原因だと思われますが、オーストラリアドル高の原因はまっとうです。

 鉄鉱石などの資源の値段が上がっていて、国全体が好景気
 よって、不動産などがバンバン買われており、インフレ気味
 それを抑えるために、バンバカ金利を上げている(現在4.5%)

 そんなオーストラリアの経済状況を、ケアンズという観光客ばかりの小さい町と、ゴールドコーストという観光客しかいない街を数日うろうろした感覚で語ってみます。

 まず、ケアンズ。
 町を歩いて気付くのが、日本語の看板が多いことです。
 私が泊まったホテルから少し歩いたところ。カジノとかがある町の中心部の通り。

P1170206.jpg

 まるで、日本の寂れた商店街のようです。

 もちろん、客も日本人が多いのですが、店員も日本人だらけで、ジャパンマネーパワーを久々に感じました。
 
 同時に気がつくのが"For Sale"の看板がたくさんあることです。
 店のうちの20店に1点くらいくらいの勢いを感じるってか、でっかいホテルが丸ごと売りに出てるし・・・

P1170211.jpg

  大丈夫か?ケアンズ

 それに比べると、ゴールドコーストは大変なことになっています。

 ゴールドコーストの街へは、数キロ離れたところにある鉄道駅から行ったのですが、のんびりした田舎からいきなりメガロポリスが現れます。
 ちょっとした、ラスベガス気分。

 そして、目を引くのが滅茶苦茶工事していることです。

P1170241.jpg

 巨大なホテルタワーが3本くらい工事してるし、ビーチへ続く道も全面改装中。
 ここは上海かよ・・・ってくらいの景気の良さです。

 ビーチでうろうろしているときに仲良くなったオーストラリア人に聞いてみたところ、
「今は冬だから、夏に向けて新しいホテルとかたくさん作ってるんだ。」
「景気いいんだ。」
「そうみたいだね。日本人もたくさん来てるよ。僕はシドニー在住だけど、シドニーにも日本が増えてる。」
「中国人は?」
「中国人も、韓国人も、タイ人も。」

 オーストラリアは移民がものすごく多い国なので、レストランなんかもイタリアンとか英国パブ、日本料理とか韓国料理、タイ料理など、オーストラリア料理以外の料理屋が非常に多いです。

 そして、私が入った店はどれもめちゃ旨かった。
 その旨さは、オージー挽肉の旨さをトマトソースに絡めてアルデンテに載っけたスパゲッティミートソースとか、

P1170221.jpg

 オージービーフを濃厚な味付けのソースで煮込んだビーフストロガノフとか、

P1170245.jpg

 素材の旨さと見事な調理が合わさったなかなか素敵な料理なのです。

 この分だと、きっと日本料理も旨いんだろうな・・・。

 元々オーストラリアは「白豪主義」と呼ばれる、南アフリカのような白人至上主義があり、白人以外の移民は難しい状態でした。(イギリスの植民地はこんなんばっかだ)
 それが、労働者不足からどんどん緩和されていき、シドニーオリンピックでは、民族の融和を高らかにうたうようになってきました。

 現在では、人口の1/4が移民という多民族国家。

 勿論、そのことによる軋轢もあり、アメリカでいうところのティーパーティー、日本でいうところのネット右翼みたいな輩が、外国人排斥運動をしていたりもするそうです。

 それでも、この国は魅力的です。

 豊富な天然資源。
 旨い飯。
 真冬でも暖かく、真夏でも東京より涼しい気候。
 素晴らしすぎる自然。
 働かないカルチャー。
 11時頃普通に出歩ける治安。
 経済絶好調。

 今まで、いろんな国に移住したいと思ったのですが、「タイ=暑い、政情不安」「ブラジル=治安が悪い」「メキシコ=やっぱり治安が悪い」「日本=経済と労働環境がうんこ」などいろいろなネックがありました。

 そこを考えると、オーストラリアは高いレベルでバランスが取れています。
 日系の人も多く、日本向けのコールセンターみたいな仕事もあります。

 唯一の弱点は物価が高いこと。スーパーでコーラが3.25ドル(=260円)ってどういうことよ?

P1170474.jpg

 しかし、オーストラリアに住んだことがある人はみんな「日本に帰りたくない」と言っているし、なによりシドニーとかに住んで、週末にグレートバリアリーフやノーザンブログアイランドなんかに行ける生活は最高です。
 ジェットスター航空なら、シドニー-ゴールドコーストを3000円くらいで行けちゃうし。

 まだ、シドニーに行ったことすらないのですが、既にオーストラリアにめろめろの私。
 オーストラリアの求人情報をtweetする人とかフォローしちゃってますよ。
 今の取引先の日本向けコールセンターもシドニーなんだよな・・・雇ってくれないかなあ。。。

 そんなわけで、海外在住の有力候補と勝手にしてしまったオーストラリア。
 近年中に移住できるよう、英語の勉強をまじめにやろうと心に誓うわけです。
  
関連記事
Check
Secret

TrackBackURL
→http://mota2009.blog28.fc2.com/tb.php/110-92892f90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。