上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
もりぞおさんがオーストラリアに行った一番の理由は、スキューバダイビングです。

 2年前にカンボジアで、完全な成り行きで、285ドルでライセンスを取って以来、世界一周中にあちこちで潜りまくって完全にはまってしまっています。

 もりぞおさんの、ダイビング関係の記事はコチラ。

で、「地球の潜り方」
317 地球の歩き方 リゾート 世界のダイビング&スノーケリング完全ガイド 地球の潜り方 (地球の歩き方リゾート)317 地球の歩き方 リゾート 世界のダイビング&スノーケリング完全ガイド 地球の潜り方 (地球の歩き方リゾート)
(2008/03/15)
地球の歩き方編集室

商品詳細を見る

 で確認すると、8月の下旬にダイビングに行くとなると、アジア関係は雨期に入っているため、南太平洋が第一候補になります。(南米とかでもいいんだけど、一週間で行くには遠すぎる。。)

 ニューカレドニアとかも考えたのですが、やはりここは、ニモの故郷であるグレートバリアリーフだ!
 ということで、ケアンズ行きが決定しました。

 世界最大のサンゴ礁であるグレートバリアリーフ。
 ここは、オーストラリアの右上になります。

austmap.jpg

 そして、ここで親子仲良く暮らしていたニモは、スキューバーダイバーに捕まってシドニーに拉致されます。
 ニモのお父さんであるマーリンは、ニモを探して、東オーストラリア海流に乗ってシドニーを目指す!

ファインディング・ニモ [DVD]ファインディング・ニモ [DVD]
(2007/06/20)
アンドリュー・スタントンアルバート・ブルックス

商品詳細を見る


 と、いうわけで、ケアンズのダイビングショップをぐぐってみるとたくさん出てきます。世界中どこの情報も一瞬で手に入るのがインターネットのすごいところですが、こうやって世界旅行をする時はそれが実感としてわかります。

 私が選んだのは、Pro Dive Cairnsという店。

 2泊3日、船に乗りっぱなしで11本潜って、AU$620+AU$50(税金)=AU$670=約52000円。

 これがどれくらい変態かというと、
 通常ダイビングってのは、1日2回潜るのがコースになっています。多いときで3回。
 それがここでは、4回、4回、3回の11本。

 値段的にも、日本でやれば2本でレンタル機材込み1-2万円かかるわけで、食事、宿泊費など全て込みでこの値段はお得感があります。

 ちなみに、毎週水曜日と土曜日は日本人のクルーが乗船するらしいのですが、日程の関係上月曜日に参加です。

 ケアンズは、海沿いの町なのですが、砂浜がほとんどないので、海のすぐ側に巨大なプールがあって、無料で入れるようになっています。

P1090271.jpg

 しかし、ここで求められているのはビーチ(砂浜)ではなくてリーフ(珊瑚礁)であって、グレートバリアリーフへの誘いがそこかしこに。

 しかし、この広告はどーよ?

P1170225.jpg

 ココに写っている魚は、ナポレオンフィッシュという魚で、1m以上の大きさで、ど派手な色でゆうゆうと海を泳ぎ回る姿はまさに「皇帝」

 そんなダイバーのあこがれが、シュノーケルで見れるわけ内だろ!ダイビングをなめんなよ!!

 と、いうわけで、翌朝午前6時に船に乗り込むわけですが、沖合に出て、船から見えたのは。。

P1090613.jpg

 ナポレオンダーーー!

 潜るまでもなくナポレオンくんにあえてしまう恐るべきダイビングスポット、グレートバリアリーフの模様は、次回に続く! 


おまけ
 これは明らかな誇大広告

P1170479.jpg

 島に比べて、船とクジラがでかすぎる。
 特にクジラは100m以上ある。
 しっぽは海底に突き刺さってるよ、きっと。
関連記事
Check
Secret

TrackBackURL
→http://mota2009.blog28.fc2.com/tb.php/108-e63584ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。