上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
 世界的に有名な経営コンサルタントとして、マレーシアの戦略顧問などでかい仕事をやりまくってる大前研一というおっさん
 最近は、若手ビジネスマンを育てるために、ビジネスブレイクスルー大学院大学というモノを作って、ネットによる教育に力を入れています。

 この人は元々、日立で原子力発電に関する仕事をしていたというのは有名ですが、その前に学生時代にやっていた仕事(アルバイトの域を超えている。。)が、旅行代理店だったということはあまり知られていません。

 当時、吹奏楽をやっていて、楽器が欲しくなった大前さん。
 しかし、まだ日本は貧乏で円が死ぬほど安かったため、外国産の楽器なんて庶民には手の届かない品でした。
 普通の人なら、トロンボーンが欲しい黒人の子供のように、店のガラスにへばりついて終わりなのですが、頭のいい人はやることが違います。

「だったら外国人相手の商売をすればいいんじゃん!」

 当時、まだつたない英語で東京案内をするというバイトを始めたのです。

 エキゾチックで物価が安い国として、欧米人の旅行先として人気が出てきた日本。
 ここで、外国人相手に観光案内をすることが、大前研一の原点だったのです。

 この機転と行動力。
 こういう人が、あちこちで「日本人はもっと海外に目を向けろ!」というのだから非常に説得力があります。

 ちなみに、この仕事で培った英語力とプレゼンテーション能力がなければ今の私はなかったと語っています。

 
 そんな、元添乗員の大前さんですが、同時に旅行マニアでもあります。

 どんなに忙しくても長期休暇をとって好きなことを体験することに命をかけ、いつ何時死んでも、やりたいことは全てやった!と思えるように生きていくことをモットーとしている男。

 彼が推薦する旅行先がまとめてあるのがこの本です。

旅の極意、人生の極意旅の極意、人生の極意
(2006/07/07)
大前 研一

商品詳細を見る


 15のスポットが載っているのですが、私が行ったことがあるのは3カ所くらい。
 世の中には面白い場所がたくさんあるんだなあと、しみじみ感心させられる本です。

 共通した姿勢は、とにかく積極的になにかに参加してみて、それをポジティブに楽しむこと。
 むやみやたらと押しが強いのが鼻につくかもしれませんが、それでも一個一個のコラムを読むたびに行きたいところが増え、次の休みが待ち遠しくなるような文章です。

 中でも一番気になっていたのが、オーストラリアのノース・ストラッドブローク島

 アマゾンの本の紹介に長々と内容が載っているので一部転載してみます。

生涯、病みつきになるドライブ。そんなものがこの世にあるかとお思いだろうが、あるのだ、これが。

ノース・ストラッドブローク島(オーストラリア)は、ゴールドコーストの北約30キロほどのところにある、世界で二番目に大きな、砂でできた島。端から端までゆうに30キロは続く真っ白な砂浜と、ジャングルと言ってもいいような深い森林地帯。海ではクジラやイルカをはじめ、マンタやウミガメなどにも会えるという、オーストラリアの魅力をぎゅっと凝縮した、大自然の宝庫のようなところなのだ。

この島の東側に伸びる砂浜を、時速60キロ(制限速度!)でぶっ飛ばす。ゴミだらけの日本の海岸や、人工的に掃除の行き届いたカリフォルニアのクリーンな海岸とは根本的に異なる。目の前にあるのは、海という、とてつもなく巨大な水の広がりと、同じく巨大な砂の大地が自然に絡み合って一体となったような、「地球」そのものをイメージさせる絶景だ。

障害物どころか車線すらなく、ひたすらだだっ広い砂面を、潮風を全身に受けて、頭のなかを真っ白にして疾走する快感を知ってしまったら……。もう元の世界には戻れない。

気をつけるとしたら、時々すれ違う対向車にウィンカーを出して、自分がどちら側を走ろうとしているかを知らせること。あとは、タイヤの空気はあまりパンパンにしておかない、ということくらいか。それさえクリアすれば、自分史上最高のドライブ経験ができることは100パーセント確実! 世界のあらゆるところを訪れた私も、このドライブの魅力にはすっかり参ってしまい、正月休みはもう10年以上通い続けている。だがけっして飽きることなく、むしろ行けば行くほどズブズブとのめり込んでいく。ビーチドライブは麻薬のようなアトラクションなのだ。

 ペーパードライバーの私ですが、これはたまらない・・・。
 ただっぴろい空間は、サハラ砂漠ウユニ塩湖など、いろいろ行ってきたのですが、そこに海が広がりさらにクルマでぶっ飛ばすとなると・・・。

 と、いうことで、私はこの文章がアップロードされるときには、飛行機が堕ちていなければオーストラリアにいます。

 ケアンズのグレートバリアリーフで2泊3日のダイビングクルーズをしたあとでの、ノース・ストラッドブローク島の爆走!

 ビジネスクラスのバックパッカーより豪勢な旅にちょっくら行ってきます。

 なので、今週の木曜日は更新なし。次回更新は来週日曜日になります。
 気が向いたらtwitterでつぶやくかもしれませんので、ヒトツヨロシク。

 それでは、ハバ グッダイ!(オーストラリアではデイがダイになる)
  
 ちなみに、行きの飛行機はビジネスクラスです(笑)
関連記事
Check
Secret

TrackBackURL
→http://mota2009.blog28.fc2.com/tb.php/105-c4f3d453
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。