上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
ツレがうつになりまして

この映画を観てまず最初の、たったひとつの感想

ツレうつ


あ お い た ん が か わ い い 。

さて、気を取り直して映画の話を。
この映画は、神経質な外資系苦情受付係サラリーマンのツレが、激務によりうつになったのを、売れない漫画家のあおいたんが支えるって話です。

うつになったことを受け入れられず、働けないことに罪悪感を抱え続けるツレと、
そんなツレにどう対処していいか分からないあおいたん。
そんな二人が、だんだんと成長していき、うつとのつきあい方、二人(+2匹)で生きていくことの意味を見つけていくという、大変よくあるストーリーです。

しかし、そんなよくあるストーリーでも、ツボがしっかり押さえられているので、大変感動的です。
(終盤のCGを使った謎の演出や、講演会でのアレを除けば)最初から最後まで、あおいたんとツレに感情移入できるし、二人で見つけた新しい道を歩いて行く姿を心から応援したくなります。

結婚式にて、多くのカップルがカタコト日本語の神父に言われるあの形式的な言葉が、これほどまでに胸に響く言葉として生まれ変わるとは…。
純粋に、とても素敵な映画でした。

ただ、元サラリーマンとして思うのは、ツレのそばにあおいたんがいなかったらどうなっていたんだろう…ってことです。

まず、ツレは映画の中で2年以上社会復帰会社復帰出来ていないわけですが、自己都合退職で雇用保険が支払われるのは30歳以上、勤続10年以上だと210日(約7ヶ月)です。
これが20代、勤続5年未満だとたったの90日(3ヶ月)です。しかも、給付が始まるのは、退職の3ヶ月後。

もし、あおいたんが漫画を描く仕事をしていなければ、生活は成り立ちません。
もし、あおいたんがいなかったら、退職7ヶ月後のなにも出来ない亀状態のツレは、その状態で働きに出ないと生きていくことは出来ません。(あおいたんの両親は映画に登場するが、ツレの親戚は一切出てこないため死別してるんじゃないかと思われる)

また、経済的に問題がなかったとしても、あおいたんがいなければ、ツレは精神的に立ち直れなかっただろうし、そのことで命を絶っていた可能性も高いです。(そのことを示唆するエピソードもいくつか入っている)

こんな話の中で憤りを感じるのは、こんな人を死に追い込むような傷を負わせた会社に何のペナルティもないことです。

業務上で負った負傷に関しては、会社がその保証をしなくてならない「労災保証」という制度があります。
しかし、うつ病などの精神疾患に関しては、会社の業務だけがその原因だったかを証明することが非常に困難なため、労災認定をされることはまれです。(早朝出社、深夜帰宅、家では寝るだけの生活であっても)

大企業であれば、精神疾患者をタコ部屋に閉じ込めて給料を支払い続けるということをしていますが、中小企業にそんな余裕はないため、さっさと追い出すのが通例です。
ってか、在職期間中に追い込めるだけ追い込んで、労働力を絞り出して、壊れたら捨てるのが一番企業にとってリーズナブル。

ブラック企業ってのは、そんな風にオレンジを搾ってジュースを作って売るような経営をしている企業の事です。

私は、周りの過剰労働している人たちによくこういうことを言います。

「寝不足で週末寝てばっかとか、時々頭が痛いとかのレベルなら、後で笑い話にもなるからまあいい。でも、うつ病とか不眠症とか、長期間後遺症に残るような事態になりそうなら、絶対に仕事を休んだり辞めたりするべきだ。
 たかが仕事で、一生背負わなければいけない傷を負う必要は全然ない

映画の中でツレが、「やらなきゃいけない」「周りのみんなに迷惑がかかる」「社会にもうしわけない」ということを何度もいいます。
あおいたんが、「辞めなかったら離婚する」と言わなかったら、倒れるまで(もしくは自殺するまで)会社を辞めなかったでしょう。

そんなことを心配する必要は全然ない。


会社なんて、労働者をつぶして果汁を搾り出す機械みたいなもんだ。
そして、あなたが辞めて、そのことに周りが共感すれば、会社は変わる。
部門長が失脚したり、部署がなくなったり、会社が潰れたり。
それは、短期的には部門長や部署のメンバーや会社の社員にとって悪いことかもしれないけど、ながい目で見れば、その人たちを精神疾患から救うことになるかもしれないのです。

そして、国には、こういう会社を辞める人たちを支援する制度を作って欲しい。
独占や覚醒剤の売買など、多くの人にとって害があり、かつ絶対に儲かる商売は法律で規制されているように、従業員から果汁を搾り出して搾りかすを捨てるような商売にも規制をかけるべきだと思う。

もりぞおさんは、国に富をもたらす企業に対しては優遇すべきで、法人税はもっと下げるべきだと心から思っています。
しかし、企業よりも国が守るべきは労働者の命なわけで、サービス残業に対する罰則強化と共に、労働基準局はもっと仕事をして欲しいし、国会議員は法律を整備して欲しいのです。
残念ながらそれはあまり期待できそうもないけど。。

そして、現状、それが出来ていないこの国で生きていくためには、自衛をしていかなくてはなりません。
あおいたんとツレがそうしたように、自営で生きていくという選択肢を確立するのが一番だとは思うのですが、それはそれでなかなか困難です。現実的には、いつでも会社を移れるようにスキルを身につけ、準備をしておくというのが精一杯かもしれません。

もりぞおさんは、常に意識をして「年収の一割は給与所得以外で得る」ということをルールとしていろいろ準備をしています。
また、働く場所は自分で選べるように、「アジア就職活動」と題して、いろんな国で働くことにチャレンジしています。

願わくば、そんなノウハウをたくさんの人に伝えて、たくさんの人に選択肢を確立して欲しいと考えています。

世界の多くの人のそばには、あおいたんはいないんだから。

関連記事
スポンサーサイト
Check
 2011年3月11日以来、日本の外に生活の基盤を移そうとしている人が多くなっているらしい。
 これは、海外転職のエージェントにも、海外の会社で働いている人にも、現地に住んでいる人にも聞いた話である。

 サービスレベルの高さ、物価の高くなさ、給与水準の高さ、治安の良さ、食事の旨さ。
 これらのバランスの良さから、世界最高峰の居住環境の良さを誇っていた日本ですが、

 縮小する市場。減少する就職先。増加する税負担。信頼できない社会保障。放射能の風評。電力供給減少による節約に伴う不便。高齢化による閉塞感。

 これらの複合的な要因から、どんどん魅力が低下しています。

 そんな日本から引っ越して、別の土地を探してみようと考えている人をターゲットに、こんな本が出版されました。

日本を脱出する本日本を脱出する本
(2011/08/05)
安田 修

商品詳細を見る



 日本を出て、新しいことを始めたい、自然の中で暮らしたい、老後の生活を楽しみたいって人に対して、実現可能な方法を伝えるための本です。

 世界のいろんな国に移住する際に、観光ビザでどこまで移住できるか?とか、ワーキングホリデーって?永住権をとりやすい国は?などなど、いろいろな制度を網羅的に紹介したり、
 不動産の取得方法や、教育や医療の水準、現地の日本人コミュニティの様子など、実際の生活に即したこともまとまっています。

 ざっと一通り読むと、「海外に移住するときにはこんな事を考えなきゃいけないんだな」ってことが分かるのですが、ひとつひとつの記述は概要レベルにとどまっているため、これだけを頼りに海外移住をすることはとても無理そうです。

 しかし、この本の一番残念なところは、「やっぱり、海外移住ってまだ特別なことだなあ…」って思ってしまうことです。

 冒頭に、何人かのモデルケースが出ているのですが、

・震災でショックを受けた息子の環境を変えるために嫁(専業主婦)と息子でスイスに移住。三十代旦那は求職中
・リストラされてリタイアメントビザでオーストラリア移住した50代夫婦
・定年退職後、年金で各地を転々とする60代夫婦
・ネパールでボランティアを始めた30代女性
・ベトナムでカフェをオープンした20代男性
・フランスでワーキングホリデーしている20代男性

 この実例を2種類に分類すると

・日本が豊かだった頃の資産を使って、海外で逃げ切り人生を謳歌する老人世代

 と
・いかんともしがたくなった日本を逃げ出して、海外で貧乏だけど楽しい人生を謳歌する若者世代
 になります。

 私はどちらの生き方に対しても大変肯定的で、うらやましくもあるのですが、残念ながら多くの日本人が望んでいるような、「お金に苦労をせずに、それなり安定した暮らしを実現したい」という欲求を満たせるのは、ある程度の財をなした人か、現在60代以上で年金をMAXでもらえる人に限られている気がします。

 そして、この本のモデルケースから抜け落ちているのが、普通のサラリーマンが、海外で普通に働いて給料をもらい、生活するというケースなのです。

 昭和の時代、大企業では終身雇用がガチガチに機能しており、転職というのはものすごく特殊な事例でした。
 しかし、21世紀の今、転職とはたとえ日系の大企業であっても、多くの人が選択肢の一つに入れる一般的なものになりました。

 そんな現代であっても、職場を海外に移すということは、どうやら非常に特殊なことであるようです。
 実際、大企業の中で海外赴任になった人のためのガイドや、海外留学ガイドはたくさんあるのですが、普通のサラリーマンが海外の会社に転職するためのガイドや体験記はほとんどありません。

 海外に出たい人は増えている。
 しかし、そのための方法は、まだまだ確立されていない。

 じゃ、いっちょやってみっか!

 と、いうわけで、もりぞおさん、これから海外転職活動を始めることにしました。

もりぞおアジア就活紀行

 海外といっても、不況まっただ中。失業率二桁右肩上がりのアメリカやヨーロッパではありません。
 世界で一番経済成長著しい地域、アジア各国です。
 
 ちょっと英語が喋れて、そこそこの就業経験がある日本人が、転職エージェントを使って海外に転職するための方法。そして、そのままアジアに在住するためのあれこれ。まだ、私の中でも方法はさっぱり確立されていませんが、習うより慣れろです。
 そんなわけで、新企画、「もりぞおアジア就活紀行」スタートしますので、よかったら上記のblogを購読してください。(もちろん無料)

 また、この活動はFacebookページおよびtwitterでリアルタイム中継していきますので会わせてよろしくお願いします。

 なお、この書評ブログも、気まぐれで不定期更新しますので合わせてよろしくです。

日本を脱出する本日本を脱出する本
(2011/08/05)
安田 修

商品詳細を見る




関連記事
Check
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。