上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
春休みに入って浮かれた大学生2万人が、湖で大騒ぎをしているときに、
湖の底から、太古の世界の兆凶暴なピラニアが出てきた!

「リア充爆発しろ!」とばかりに、水着のリア充たちを惨殺するピラニアたち!
むやみやたらと飛び出るポロリの数々!
その全てが、3Dで過剰に飛び出してくる!

 これが、ピラニア3Dという映画のあらすじの全てです。

ピラニア3D


 一応、主人公がいて、船に取り残されたガールフレンドがどーたらこーたらっていうくだりがあるけど、まあどうでもいいでしょう。

 また、ピラニア研究家という役割で、Back to the Futureのドクことクリストファー・ロイドが出てきますが、こいつがまた何の役にも立ちません。
 ちゅか、ぶっちゃけ、ピラニアとかどうでもいいんです。この映画。

 過剰なまでに浮かれていて、
 過剰なまでにセクシーで、
 過剰なまでに残虐!

 バカとおっぱいと血があれば何でもいいじゃん!

 90分の上映時間の8割くらいがそんな素敵なノリで埋め尽くされているわけです。
 そして、それがやはり過剰に3Dで飛び出してくる!

 2009年12月のアバター以来、本格的に3D映画がたくさん作られるようになってきました。
 3D映画は通常の映画よりも200-400円高いため、映画配給会社的にも映画館的にもおいしいし。

 この3D映画、最初の大ヒット、アバターでジェームス・キャメロンが発明した「飛び出すよりも、奥行きを表現した方がすごくね?」により、多くの映画が奥行きをしっかりみせる演出に偏ってきました。

 もりぞおさん的に、3D映画の魅力を最大限に引き出した二大作品は、「ヒックとドラゴン」と「Day & Night」(トイ・ストーリー3のおまけについてくる短編映画)

「ヒックとドラゴン」は、美しい島々を、ドラゴンに乗って飛び回る様子が、ドラゴンの上からの目線で、遠くの岩山やキラキラした海の様子が3Dの奥行き感を使って、これ以上なく気持ちよく表現されているのが印象的でした。

「Day & Night」は、今までに全くなかった映画。「夜」の人と「昼」の人の奥に見える「夜の世界」と「昼の世界」。3Dでしか表現できない、もちろん私の筆力でも表現できない、全く新しいジャンルの映画でした。

 こんな風に、やはりどちらの作品も「奥行き」が演出の重要な力点であり、もっとも気持ちよくさせてくれる要素でした。

 それに引き替え、ピラニア3D。
 この映画の売り文句は、「景気よく飛び出します!」

 ピラニアも、血しぶきも、おっぱいも、ゲロも、○○○も、とにかくバンバン飛び出してくる!

 それは、25年前に作られた(1分あたりの制作費が世界最高の)映画、キャプテンEOのようです。

 そして、ピラニア3Dのストーリーも、全く深みがない。
 バカなリア充大学生たちが浮かれて、水着で踊っているところを、

PIRANHA3D04.jpg

 ピラニアが惨殺!

ピラニア3D2

 トップレスでパラセーリングしている女は、思ったとおり、下半身を食われ
 さっきまでTシャツに水をかけてスケスケ大会やっていた舞台は、人がたくさん避難してきたところで思ったとおり、沈没し
 言うことを聞かない馬鹿なガキは、思った通り、遭難します。

 同じく浮かれた水着美女が襲われる映画「ジョーズ」は、核兵器の投影であり、博士や警察官や市民がそれを倒すという姿が、スピルバーグが考える世界のあるべき姿の表現という、非常に奥深いストーリーです。

 しかし、ピラニア3Dは、ピラニア博士は何もしないし、警察はバカだからパニックを全く防げない上にピラニアに食われるし、そもそもピラニアに関して何も解決しないしと、深みとか思想が全くない話です。

 でも、そういう映画があってもいいじゃん!

 バカとエロとグロという、いつもの世界では排除されがちな、それでいて人間の本能が求めてやまない、普遍的なエンターテイメント。

 暑くて、ものを考えるのが嫌になるような今日この頃。
 こういうバカで、本能を直撃してくれるような映画を観るのは非常に心地よいです。
 さらに、映画館という非日常空間で、無駄にでかいスクリーンで、下世話にも飛び出してきてくれるなんて、最高です!

 今、映画館に観に行くべき映画!おすすめです!

関連記事
スポンサーサイト
Check
 いつも、blogの記事を書くときにはいくつか書きたい映画や本があって、どれにしようかなーと迷った上で一番印象に残ったものを書いたりします。
 しかし、今週はいまいち書きたいと思うモノがない。

 冷たい熱帯魚は素晴らしかったけど、グロ&ネガティブ私の文章力じゃ手に余るとか、進撃の巨人も素晴らしかったけど、1巻分だけだと今まで書いたモノと内容がかぶるとか。

 そう思って、自分のtwitterのタイムラインを見返してみると、今週は金先物投資について語っていることが多かったので、これについて文章を書いてみることにしました。

 2011年8月。
 この一ヶ月で金が狂ったように上がっています。



 今年の1月頃は「1400ドル突破で市場最高値!」なんて言ってたのですが、7月末に1600ドルを超えた価格が8月末の現在1900ドルになろうかという勢い。
 たった1ヶ月で300ドル上げってどういうこったい!?

 そもそも、7月に「8月頭にアメリカ国債がデフォルトするかもしんね」という憶測から100ドル上がったわけですが、デフォルト回避が確定してから、さらに界王拳3倍で上がるという奇跡。

 なんでこんな風に上がるかと言えば、以前のblogで書いたとおり

金&世界経済 世界の大国が衰退していく時代に、個人として行動できることを考える


 紙の紙幣の価値が下がっているからです。
 アメリカの国債は格下げされ、イギリスでは暴動が起こり、南欧の危機はイタリアまで飛び火し、フランスの格下げも噂される今日この頃。
 
 金があがっている理由は、私が今週のblogにこの件を書こうと思った理由と同じ。
 いまいち投資したいともうモノがないから、数少ない話題になっているモノを買おう。

 金の市場は、国債などと比べたら小さなモノなので、わっとお金が集まってくると、今回のように一気に沸騰するわけです。

 このことに対する、もりぞおさん個人の、近視眼的な感想は、

「もうかった!!!ヒャッホー!!!」です。

 PCの画面に表示される含み益がみるみるうちに増えていき、利益確定とともに証券口座の残金がごそっと上がります。

 しかし、そんな小銭の増減とは比べものにならないくらいの不安が背後には控えています。
 金が上がっている理由の最たるものが、アメリカドルとユーロの価値が下がっていること。
 つまり、世界経済の根幹である二つの通貨が駄目になっていることです。

 そもそも通貨なんてモノは、ただの紙切れ。
 それが、国家による保証がつくことで、何とでも取り替えられる魔法の紙になっているわけで、今は、その魔法が切れかけているという状態なわけです。

 リーマン・ショックに始まる経済危機は、サブプライムローンなどによってアメリカの土地にかけられた「地価は上がり続ける」という魔法が解けた結果でした。
 ギリシャ・ショックに始まるユーロ危機は、ユーロにかけられた「EU加盟国の経済状況は問題ないからユーロは安泰」という魔法が解けた結果でした。

 そして、世界では未だにさらに巨大な魔法がたくさん残っています。
「中国の土地は永遠に上がり続ける魔法」「日本国債は絶対安全魔法」

 金という地球の創造物に魔法がかかり、どんどん価値が上がっていくたびに、人間が勝手に作った紙っぺらや土地の所有権の魔法が解けていくのは、なかなか皮肉な構図です。

 しかし、そんな高台から見下ろして物事を見ている場合じゃなく、それでも生きて行かなくてはならない僕らは、これからそれなりの確率で来るであろう経済危機にどうやって立ち向かうか考えて、準備しておかなくてはなりません。

 今、大企業の正社員として働いている人なら、社畜となって会社にしがみつく準備をして、解雇規制の厳しこの国の法律を利用して、コツコツと(円高の)日本円を稼ぐのが手堅そうな気がします。

 今、不安定な職業にいる場合は、まだある程度の転職のチャンスがある今のうちに立場を変えて、経済状況が悪い中でも生き残れるようなスキルを身につけておくのがいいかもしれません。
 できる限り維持費がかかるモノを少なくして、少ない収入でも生きていけるように準備しておくのも大切だと思います。

 最近、女性週刊誌やワイドショーでも、金についての特集が組まれているようです。
 まだ、金投資という形ではなく、家にある貴金属が高く売れる!って観点の特集のようですが、金に対する魔法も次第に強化されているようです。

 でも、そもそも経済ってのは、数粒の種籾からたくさんの米粒を作り出したり、そのままじゃ食べられない米粒からおいしいご飯を作ることから始まります。
 で、頭のいい人が作った種籾に「コシヒカリ」の魔法をかけたり、「釜炊き特選白米」の魔法をかけたりしてその価値を上げていったわけです。

 だから、我々も「魔法」を忌むべきモノだと考え魔女狩りをするのではなく、自分が「魔法」を使えるように努力する方が建設的だと思います。

 とりあえず、もりぞおさんは、もうしばらく金にかかってる魔法のおこぼれで小銭を稼ぎながら、自分が身につけるべき魔法が何かを考えながら、立ち位置を探って行きたいと思っています。

豊島逸夫が読み解く金&世界経済 (日経ホームマガジン 日経マネー)豊島逸夫が読み解く金&世界経済 (日経ホームマガジン 日経マネー)
(2011/06/21)
豊島 逸夫

商品詳細を見る


関連記事
Check
 先日、伊豆のシャボテン公園に行ってきました。
 何のためかというと、映画「紀子の食卓」のロケ地を見るためです。

紀子の食卓 プレミアム・エディション [DVD]紀子の食卓 プレミアム・エディション [DVD]
(2007/02/23)
吹石一恵、つぐみ 他

商品詳細を見る


 この映画は、「家庭」というモノに疑問符を投げかける映画です。

 仲むつまじく暮らしていると思われる4人の家庭。
 しかし、主人公の長女・紀子は、こんな家族からも、こんな家からも逃げ出したいと日夜考えています。

 必死に幸せな家庭を作ろうとしている父。
 家庭こそが自分の人生そのものだと感じているであろう母。
 逃げ出したい姉。
 無関心な妹。

 こんな家族の関係が如実に表れているのが、劇中でこの家庭が伊豆のシャボテン公園で撮ったこの写真。
 
noriko.jpg

 何ともいえない、ムリとか虚構が渦巻いている写真。
 背後にある、日本にはなさそうな丸っこい巨大なサボテンがその感覚を増幅します。
 温室の中の、カラカラに乾いた土に育つ、中に水を大量に蓄えて、それを針で必死に守っているサボテン。

 ちなみに、この映画は冬の映画ですが、夏にいくと暑くて死にそうになります。

 物語は、ぬぼーっとした長身の、どう見ても冴えないOLにしか見えない吹石一恵が演じる女子高生・紀子の独白で進んでいきます。

 家庭には飽き飽きし、それを紛らわすために学校では無理矢理忙しく活動し、その空しさを抱えながらハマったのが、廃墟.comという自殺サイト。

 そして、ある日、家が停電した時に、東京に飛び出し、廃墟.comの首謀者と会い、彼女の元で仕事を始めます。

 レンタル家族という仕事。

 この廃墟.comの首謀者の経歴もすごいのですが、彼女を演じるつぐみという人の眼力が凄い。人の心を掴んで離さない、しかし社会に対して無関心なあの眼。

 そんな彼女の元で、有料の虚構の家族として、身寄りのないおばあちゃんや、ひとり暮らしの男の元に行き、幸せな家庭を演じる仕事。ビジネスとして成功するかはともかく、今の日本に対する皮肉として、この上ない仕事です。


 やがて、妹のユカも平和な家庭から飛び出し、父と母が命がけで作り上げてきた平和な家庭という虚構は、もろくも崩れ落ちます。

 それでも何も出来ない父親。
 精神を病む母親。

 母親が必死になって行う作業は、冒頭の写真を絵にすることです。
 写真では不機嫌と無関心の二人の姉妹を、「幸せな家庭」の笑顔に描き変える作業。
 この夫婦が、ここ数年必死に行ってきた作業そのものです。

 日本の法制度は、「家族」に非常に優しく出来ています。
 専業主婦に関しては、過剰とも言える優遇がなされており、配偶者の税金も大きく控除され、年金・社会保険も払う必要がありません。
 最近は子供に関して手厚くする傾向にあり、子供手当なんていう無謀なモノが実行され早くも終焉を迎えそうになっています。

 また、日本のマスコミも、(韓流などよりもずっと)「家族」推しを続けており、例えば家庭用洗剤のCMは必ず、一軒家の庭で「父・母・子供」が楽しそうに洗濯物を干している画像が入ります。

 当然、教育もそのような傾向があり、成長するにつれ「家族とは、かけがえもなく大切なモノ」という意識がすり込まれるわけです。(社畜にはその後、「仕事はもっと大事」という洗脳がなされる)

 この映画では、「我が命尽きようとも、家庭は守るべきモノ」と洗脳された母親がまず真っ先に精神崩壊します。
 そして、家庭より大切な「仕事」を持っていた社畜はかろうじて崩壊を免れていましたが、その後の展開により決定的に崩壊し、「仕事」も「人生そのもの」も捨て、「家庭」探しの旅に出ます。

(日本に限らず)世の中の多くの映画やドラマ、物語は、「家庭」の楽しさ、絆の素晴らしさを説く事が多いです。

 確かに「家庭」は多くの人に幸せを運んできてくれる素晴らしいものですが、その幸せさを過剰に期待させ、その大切さを過剰に浸透させることによって悲劇は起こります。

「家庭」が上手くいかなくなったときの罪悪感、「家庭」がなくなった時の虚無感。

「家庭」とは人に生きる意味を教えてくれる大切なモノかもしれませんが、同時に生きている意味を全否定する諸刃の剣となる場合もあるわけです。

 その、諸刃の剣で傷つけられた人々が沢山出てくるのがこの映画なわけです。

 家族の存在に空しさを感じた姉。
 崩壊していく家族に歯止めがかけられなかった父。
 家族と共に自身が崩壊した母。
 そもそも、家族というモノが存在しなかった首謀者。

 そして、この映画で最も素晴らしかったのが、妹・ユカを演じた吉高由里子。
 ブレイク前、デビュー作の彼女が醸し出す存在感。

 舌足らずな台詞と、クールな眼が、この物語の不気味さと、その原因をクールに見透かす様子と重なり、いつのまにか物語の中心になっています。

 彼女が到達した最終地点。
 そこは、「家族」という虚構の虚構の最終地点の様な気がするのですが、彼女が一体どこにたどり着いたのかは、私にはまだよく分かっていません。

「家庭」というモノを客観的に見直したい人にはお勧めの映画ですが、既にかけがえのない「家庭」を持っている人は近づかない方がいい映画かもしれません。
 
紀子の食卓 プレミアム・エディション [DVD]紀子の食卓 プレミアム・エディション [DVD]
(2007/02/23)
吹石一恵、つぐみ 他

商品詳細を見る

冷たい熱帯魚 [Blu-ray]冷たい熱帯魚 [Blu-ray]
(2011/08/02)
吹越満、でんでん 他

商品詳細を見る


回転木馬のデッド・ヒート (講談社文庫)回転木馬のデッド・ヒート (講談社文庫)
(2004/10/15)
村上 春樹

商品詳細を見る

関連記事
Check
収監 僕が変えたかった近未来収監 僕が変えたかった近未来
(2011/06/07)
堀江貴文

商品詳細を見る


 表紙にでかでかと書かれている「収監」というタイトルは営業用。
 この本の本質を現しているのが、「僕が変えたかった近未来」です。

 この本には、彼が何年も前から感じてたであろう、日本の問題点が書いてあります。
 そして、その問題がなぜ発生し、今もなお続いているのかも。

 そして、「僕が変えたかった」と過去形になっていることからも分かるように、日本の社会へのあきらめのようなものを色濃く感じます。

 例えば、国民に政治家の言葉を正しく伝え、国民が政治に興味を持ち、投票率を上げるために間違いなく有効なネット選挙。
 これは若くして政治家を志そうという人や、若い日本人に政治への門戸を広げる政策です。

 しかし、現在の政治家は老人ばかりであり、若くして政治を志すような人が参入してくることは自らの落選確率を高める効果しかありません。
 また、彼らが票を投じているのは老人が多く、ネット選挙なんてやっても自分の票が増えることはありません。
 だったら、そんなものを実現するよりも、破綻するまで年金を老人にばらまいたり、夏祭りとか葬式とかに出席して握手でもしてた方がよっぽどマシです。

 投票する老人も、ネットみたいな自分がよく分かってないものが広まるのは嬉しくないので、解禁されない方が心地いいです。

 そういうわけで、ネット選挙を阻止したい老人政治家に、ネットをよく分からない老人有権者が投票する限り、ネット選挙は実現されないわけです。
 老人人口が多い上に、老人率が高い田舎の方が一票の価値が高いのですから、この体制は盤石です。

 こんな風に、日本の様々な問題点は、起こるべくして起こっているモノであり、放置されるべきして放置されているモノなわけです。
 改善される可能性が非常に低い、絶望的な状態です。

 ただ、この状況の中でひとつ希望があります。

 このロジックは主に日本の中だけで完結しているモノであり、海外との繋がりの中で解消される可能性があるのです。

 彼が「人材の世界的流動化がやってくる」と言っている様に、今後間違いなく人材は国境をまたいでいきます。
 私が勤めていた外資系の会社では、経理部門は海外にあり、領収書などはスキャンして海外に送り、中国人が処理していました。
 日本語のコールセンターも中国やタイにできはじめており、国内で日本人がやっていた仕事が海外に移っています。

 そして、現状の円高、電力不足、法人税高などの状況から、工場ごと・会社ごと海外に出て行く事も増えていくでしょう。

 それは、日本国内の仕事が減るというデメリットが大きいですが、海外で日本語を武器に働くというチャンスが広がるというメリットもあります。

 現状でも、中国、特に内陸部では、日経企業の求人はとても多く、日系企業の総経理(支社長)は常に日本人の人材を捜しており、就活をするなら日本まできて面接をしてくれることもしばしばだということです。

 これから工場が中国だけでなく、タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシア、そして、ラオスやバングラディッシュに出て行くにつれ、本社との調整をしながら工場の管理をする仕事や、工場で作ったモノを販売する営業職、そして、その製品のマーケティングをおこなう広告代理店のような仕事がより一層増えていきます。

 それに伴い、現地での日本語学校や、日本料理屋や日系の小売店、なども増え、リトルトーキョーが今よりも沢山の都市に出来ていくかもしれません。

 日本を離れて現地で働けば、日本が増税しようと関係ありません。
 消費税が上がろうと、所得税が上がろうと、払うのは現地の税金です。

 日本を離れて現地で働けば、日本の株式市場が壊滅的にダメダメでも関係ありません。
 資産は日本以外の市場で運用すればいいし、起業して上場するなら香港でもシンガポールでもOKです。

 日本を離れて現地で働けば、日本人の平均年収が300万円を切っても関係ありません。
 実際、香港の現地採用日本人の事務職求人の月給は20万円くらいが多く、年収はボーナスを含めて260万円。額面でも日本の派遣社員と大差なく、税金や社会保険料を考えると香港の方がリッチな生活が出来ます。
 
 ネット選挙を通して、政治家をリフレッシュして、有効な対策を打って、日本経済を復興させるなんて七面倒なことをしなくても、外に出て行くことで、自身の生活の改善が出来るわけです。

 勿論、全ての人が海外に出て行く事が出来るわけではありませんし、出来ない理由は沢山あります。
 でも、そういう選択肢があるということが分かっており、いざとなったら選択できるという実感があれば、日本の未来を憂いてtwitterで愚痴をつぶやく以上のことができるようになります。 朝の埼京線に飛び込む前に、行くべき所があるということが分かります。

 そして、内閣の支持率などという空虚な数字よりも、より一層現実感をもった「海外転人数」という数字を政治家に突きつけ、日本国の改善を促すことができます。
 あの殿様商売のNTT DoCoMoも、ナンバーポータビリティ制度後のソフトバンクへの転出件数を見てサービスを改善しているくらいですから。

 本書の最期の対談でも、ホリエモンの「亡命して革命」という話が書いてあるが、日本がよりよい方向になる近未来は、そこから生まれる可能性が高いんじゃないかと考えています。

 だから、より多くの人たちが、より多くの選択肢を選べるように、一人一人が努力していくのが日本のためなんじゃないかと思うのです。

 選挙で一票を投じるよりも、海外に出て幸せになることの方が、日本に大きな、良い影響を与えられると思うから。


収監 僕が変えたかった近未来収監 僕が変えたかった近未来
(2011/06/07)
堀江貴文

商品詳細を見る




関連記事
Check
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。