上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
 実は、今、ダライラマ法王は日本にいます。
 世間でニュースになっているのかどうか知りませんが、10/31,11/1,11/3と各地で講演会を開いているのです。

 そのうちのひとつ、東京は両国国技館講演に行ってきました。
 おいらも、いろいろ行くなあ。。。

 このイベント、何かの会員じゃないといけないとかそんなのはなくて、普通にチケットぴあなんかでチケットを買えます。

 20分遅れで入った国技館はガラガラ。。。
 アリーナ席は7割方埋まっていたのですが、枡席は2人1升で使ってるのに前から2列しか埋まってないし、2階の椅子席も散々。。。

 HPには
本講演のチケット料金は、講演の実施に必要な経費を賄うためのものであり、利益目的としたチャージは一切加算されておりません。
 と、書いてあるのですが、大赤字が出てないか凄く心配です。。。

 で、法王をはじめとする出演者も遅れており、スタートは30分遅れでした。
 ぞろぞろと入ってくる出演者の真ん中、スクリーンに映る法王の顔は、普通の気のいい下町のじーさんでした。。
 もう、今にも日本語で「こんにちわ」って話しかけてきそうな。

 でも、法王の話は英語です。それも、のんびりした英語です。

 そして、講演会が始まったのですが・・・眠い。。。

 この会は、東大名誉教授とか文化人類学者とかがたくさん出てきて、まずこの人たちがプレゼンテーションをするのです。

 これが、死ぬほどたるい。。。

 格差が広がって日本は不幸だとか、
 環境汚染は国境を越えて、世界全体で考えなきゃいけない問題だとか、
 夕焼けこやけのの歌にみる、古き良き日本とか、

 なんというか、言い古された話を、これまた、大学入試の国語の問題みたいな死ぬほどわかりにくい説明をしてくれて、まあなんというか「早送りボタンはどこだ」って感じです。

 そして、おのおののプレゼンテーションの後に、
「法王、何かコメントをお願いします」
 ってなるのですが、完結し、かつ目新しいところのないプレゼンに対するコメントですから、まあありきたりのことしか言えないわけですわ。

 微妙に通訳もうまくいってないらしく、プレゼンの内容と、法王の話もかみ合っておらず。。。10/31の「さとりへ導く三つの心と発菩提心」に行くべきだったか。。。

 確かに、科学と宗教の融合は、著書の中でも何度も語られていることなのですが、私にはその重要性がいまいち腑に落ちていない(ちゅか、独立していることのどこに問題が。。)ため、どうも話にのれないのです。。。

「人類の発展のために、もっと心を研究するべきだ」
 と、いうことは、確かにその通りなんですが、もう一歩踏み込んだ具体的なもしくは宗教的な言葉を聞きたかった。。

 法王の話で一番印象に残ったのは、20世紀をポジティブな時代ととらえていたこと。
 チベットにとって、ダライラマ法王にとって、中国に侵略されて、虐殺されて、亡命させられて、酷い時代だったように思うのですが、法王はこういっています。

「20世紀後半はポジティブな変化がたくさん起きた時代。
 戦争が不可避だと思われていたのが、共存を目指そうという機運になった。
 東西冷戦が終結し、全体主義国家も消えた。
 イラク戦争の開始時に世界中であれほど何百万ものの人が、戦争に反対を唱えた。

 こんな風にいいことが起こっているのだから、もうすぐGood-Byな私たちはともかく、若い世代に常に新しいものを求めるような教育をすることが大切だ。」

 辛い目にあい、厳しい立場に置かれている、かつお歳を召している人なのに、その姿ははつらつとして、楽しそうでした。
 このバイタリティは、いったいどこから来るのだろう。。。
 そして、この人のように、元気で、ポジティブに世の中をとらえていける人が多くなれば、21世紀にもポジティブな変化が起こっていくんだろうな。。。

 講演自体は、かなりぐだぐだで眠かったのですが、私もポジティブに、こんな事を学んだのだと心に留めて会場を後にしたわけです。

「すべての宗教に共通するのは人間の思いやり、愛です。
 今、大切なのは宗教に関わらず、そうした普遍的な愛、思いやりというものの大切さを持つことなのです。」

 と、いうわけで、今回の記事の50%は、愛と思いやりで出来ています。
スポンサーサイト
Check
 前回に続いて、ジムロジャースの話です。
 2008年より住居をアメリカからシンガポールに移したジムロジャース。
 そんな彼が、新宿にやってきて、厚生年金会館で講演会を開いてくれました。

 2000人収容の厚生年金会館は、チケット入手が困難なほどの盛況。(私は売り切れていたチケットを、偶然知り合った人に譲ってもらいました)

 まあ、人数としては、前回ガラガラだったダライラマ法王の講演会には3000人入ってたからこっちの方が上なんですが。。。っていうか、法王のもここでやればよかったのに。。

 今回の講演は、ある株の学校が主催しているもので、第一部が堀古英司というおっさん、第二部がジムの二部構成。
 まずは、この二つの講演の内容をあわせてお伝えします。

 二人の講演で共通している結論。それは、

1.アメリカドルは、近い将来暴落するということ
2.投資するなら商品であるということ


 まずは、1について。

 ジムロジャースは、アメリカ人でありながら、今、ドルとアメリカ株の資産を減らそうとしています。
 すでに、かなり減らしているのですが、これから訪れるかもしれないつかの間のドルの復活の際に、すべてのアメリカ資産を処分したいといっています。
 つかの間の復活がなければ、資産が目減りするのをただ眺めることになるだろうとも。
 なぜ、USドルが崩壊するのか。

 それは、サブプライムローンを発端にした第一次の金融危機と同様、不動産が発端です。
 低所得者に向けて無理矢理貸し出すために作られた、「サブプライムローン」に対し、普通の人に貸し出すための住宅ローン「プライムローン」
 これが危機に陥るのです。

 アメリカ人は一般的に自己資金の5倍の家を買うそうです。
 1000万円持ってたら、4000万円借金して5000万円の家を買う。

 アメリカではずーっと土地価格が上がってたので問題がなかったのですが、土地の価格が下がり始めると問題が出てきます。

 ご存じの通り長期ローンは初めのうちは利子がたくさんなので、元本がほとんど減りません。そんななか、現在のところ住宅価格は平均22%下がっています。
 つまり、5000万円の家の価値は、3900万円。あれ、4000万円の借金をして買った家が3900万円になっちゃってますよ・・・。

 そして、アメリカの約半数の州では、銀行から借金で買った家のローンは、銀行に家をくれてやればチャラになるという法律があります。

 つまり、今、3900万円に値下がりしちゃった家を銀行にくれてやると、4000万円のローンがチャラになるのです。

 ってことで、銀行に家を明け渡す人が続出。銀行は価値が下がった家を抱えまくります。
 そして、人が住まない家は管理費がかかり、ぼろくなり、空き巣まで入ります。
 銀行涙目・・・。

 また、家を明け渡さずきちんと返済している人たちも、延滞率が今までの1%から5%に上がっています。お金ないから返せない人がどんどん増えているのです。。

 この住宅価格の下落は、今は国の支援により何とか止まっていますが、これが終わるともう10%くらいは下がるといわれています。

 さらにやっかいなことに、「ローンの金利最初は3%でいいけど、5年後から8%ねコース」がたくさん設定されており、この「5年後」のピークは2011年なわけです。

 さあ、また大変なことが起こります。
 前回は、投資銀行や政府系金融機関がぶっつぶれました。つまり、個人も政府も傷ついたのですが、金融機関が一番傷ついたわけです。

 今回は、これ以上銀行がつぶれたら大変なことになるということがリーマンショックでわかっています。では、一番ひどい目に遭うのは・・・政府でしょう。アメリカ政府。

 ただでさえたくさんの赤字を抱え、ドル札を刷りまくっているアメリカ政府。
 ここがさらにひどい目に遭うと、結果として何が起こるか。

 ドルの価値、暴落。インフレ、到来。

 実は、これはアメリカだけではありません。
 借金を抱え、お札を刷りまくっているのは、多くの政府がやっていることです。

 ジムロジャースは言います。

 アメリカとイギリスの通貨はひどい状況だ。
 それ以外の通貨も、ひどいものがたくさんあり、世界中で通貨の価値が暴落する可能性がある。
 最初は、内部に問題を抱えている比較的小さな国から始まるかもしれない。
 アルゼンチンやウクライナ。
 そこから、通貨危機は、世界中に広まる可能性がある。

 安全な通貨は、世界に一つもない。

 では、資産はどうすればいいのか?
 もう一つの話、「資源」については、次回に続きます。
 
Check
 バイクと車で世界を二周してきた彼が至った結論。それは、「21世紀はアジアの時代である。」

「私は今、シンガポールに住んでいる。
 娘の世話をしてくれている人は、ネイティブな中国人。
 娘たちが完璧な中国語をしゃべれるように、家政婦の人には家では中国語以外は使わないようにいってあるんだ。」

 そんな彼は、新興国の株は中国株以外全て売り、他の金や債権も減らしています。
「これから株を買う気はない。もう上がってしまったから。もう一度崩壊したら買うかもしれないけどね。」

 資産の中心を、商品にシフトしているのです。

「需要が伸びている。アメリカもヨーロッパも、アジアも人口が増えている。
 そして、アジアの30億人が豊かになっている。
 しかし、供給量は増えないんだ。」

 今、農産物の世界的な在庫量は日に日に下がっています。
 しかし、金融危機の影響もあり、大規模な農地の拡大は進んでいません。
 そして、空き地から農作物が安定してとれるようになるまで時間がかかります。

 インドのデリーで薄いベジタブルカレーを食べていた人たちが、だんだんとマクドナルドのハンバーガーを食べるようになっています。
 肉は、野菜よりも何十倍も生産効率が悪いのですが、やっぱりおいしいですから。

 約40年ほど大きな油田は見つかっていません。
 各国が毎年自国の石油の埋蔵量を発表していますが、サウジアラビアなどは、その埋蔵量の数字が変わっていません。毎年膨大な量の石油を掘り出しているのに。

 私はサウジに行ったことはないのですが、サウジに石油プラントを作りに行っていた友人の言葉を聞くと、このこともすんなり理解できます。
「奴ら、何にも考えてないから。
 明日のこととか、石油が枯渇したあとのこととか。」

 そして、中国人が使う一人あたりの石油の量は日本人の1/10。インド人は1/20。
 この感覚も、インドの貧しい町並みを歩けばすんなり納得できます。

 2009年11月現在、金の価格が史上最高値を更新しています。
 日本国は買っていませんが、アメリカやドイツ、フランスは通貨の価値の裏付けのために(外貨ではなく)金を自国の国庫にため込んでおります。
 日本以外のアジアの国もこれに続くでしょう。

 食料と、石油と、金。
 あと、今回の講演会ではふれられませんでしたがレアメタル。
 これらが、これからの世界でよりいっそう価値を持ってくるのは自明とさえいえます。
 前回の話でジムが話していた通貨危機が起こった場合、通貨の価値が大暴落します。
 つまり、モノの値段が大暴騰します。
 リッター130円だった石油が13000円になったりするかもしれません。
 実際、通貨危機が訪れているジンバブエなどは、ジンバブエドルベースで考えると、モノの値段が一年で1000倍になってたりします。

2008年に書いた、ジンバブエ三部作

 正月にうまい棒が1ジンバブエドルだったとしたら、年末には1000ジンバブエドルになってるってことです。

 さて、ジンバブエを笑ってばかりもいられません。
 と、いうのも、日本という国は、食料も石油も金もレアメタルもなーんも持ってない国だからです。
 持っているのは、アメリカ国債とアメリカドルばかりなり。

 今、円高が続いており、製造業の業績に大きな影響を及ぼしています。
 しかし、実は一番怖いのは極端な円安なんです。

 なにせ、円が安くなったら、食料も石油も金もレアメタルも買えなくなっちゃうんですから。
 ついでに、虎の子の財産であるアメリカ国債とアメリカドルまで下がったら・・・。

 ジムロジャースは、「あなたが毎日心がけていることは何ですか?」という質問に関してこう答えていました。

「広い視野を持って物事を考えるようにしている。
 世界中で何が起こっているかを知り、それがどのように影響しあうかを考えている。
 なぜなら、全てのことは国境を越えてつながっているから。」

 この言葉は、彼が村上龍に言った(そして私が大好きな)言葉とつながっています。

「リュウ。人生は短い。
 遠くまで行って、世界を見よう。
 そして、深く考えよう。」

 こんなことをいきなり言われても何をすればいいかわからないかもしれません。
 でも、知識ってのはある程度量がたまると、断片的な知識が勝手につながって、いろんなことがわかるようになります。

 だから、興味を持ったことに関して、Webで調べてみましょう。本を読んでみましょう。新聞の記事を読んでみましょう(紙でもWebでもいいです)。
 そして、それを継続してみましょう。
 時間がなかったら、テレビを見る時間を減らせばいいと思います。

 そんなわけで、もりぞおさんは、講演会に足を運び、映画館で映画を観、Webサイトを頻繁にチェックをし、本を乱読します。

 ついでに、日経平均を空売りし、金の上場投信を購入しているわけです。

 いろんな意味で、将来は絶望的かもしれませんが、それをどうやって切り抜けるか考えるのは、非常にエキサイティングな作業なんです。

冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (日経ビジネス人文庫)冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (日経ビジネス人文庫)
(2006/01)
ジム ロジャーズ

商品詳細を見る

ジム・ロジャーズが語る商品の時代 (日経ビジネス人文庫)ジム・ロジャーズが語る商品の時代 (日経ビジネス人文庫)
(2008/10)
ジム ロジャーズ

商品詳細を見る
Check
先日、ダンディーなジョブス風ファッションに身を包む、佐々木俊尚さんのトークイベントに行ってきました。

sasaki-200.jpg


彼は、電子書籍の衝撃などの著書やtwitterの朝のキュレーションでおなじみのジャーナリスト。私はかなり昔からちょいちょい著書を拝読させていただいており、なかでも、ケータイ小説の作家を取材することで、郊外に住む人たちの状況を掘り下げた「ケータイ小説家」が一番のお気に入りです。

今回のイベントは、新刊「「当事者」の時代」発売記念イベントです。

「当事者」の時代 (光文社新書)「当事者」の時代 (光文社新書)
(2012/03/16)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る


本書では、彼が新聞記者時代に行った警察回りの取材の記者と警察官との慣例の二重性や、古代日本の神社の風習、アメリカの各種白人と黒人との関連性など、古今東西たくさんの分野の分析を行いながら、「当事者」性のなさが発生する原因を掘り下げていっています。

このトークショーの中でも、本書を書くきっかけとなったいくつかの事件を解説してくれたのですが、私の心に残ったのは、終盤に語っていた90年代と現在の日本の状況の変化です。

私が勝手に解釈した内容を、佐々木さんが説明に使った資料に私が一部改編した図で説明してみましょう。

当事者1

昔の日本はTVなどに出てくる幸せそうな家族=平均的な幸せの風景=中流層がほとんどであるということになっていました。
そして、新聞記者などのマスコミは、家庭を顧みないハードボイルドな異端と自分で思っており、中流から距離をとってその状態を報道していました。

その中流の状況を浮かび表すために使われたのが、マイノリティの存在。
マスコミは、中流よりも悲惨な状況にあるマイノリティ=弱者に憑依し、新聞紙面上で勝手に自分たちの辛さを吐露し、結果として中流層を肯定するような記事を書いていたわけです。

心をなくしたシステムエンジニアの悲惨さを勝手に代弁することで、大衆の溜飲を下げるような報道。システムエンジニア本人は結構楽しくやっているというのに。

しかし、現代。経済が衰退し、今まで「中流」の名前でひとくくりにされてた中身が、ひとくくりに出来ないくらい分裂してきました。

当事者2

この様な時代に、弱者に憑依することは意味がありません。
リアルに困っている人がそこら中にいるなかで、幻想のマイノリティを代弁して悲劇を語っても、説得力が全くないのです。さらに、「異端」であったはずの新聞記者などマスコミは、実は上流の方の人間だということもばれてしまっています。

震災時の報道で心を打つ記事が全国紙ではなく、現地の地方紙であったり、現地で活動する人たちのblogでした。それは、彼らが「当事者」であったからなのです。可哀想な人に憑依するだけの全国紙からは「当事者」の感情を感じることができなかったのです。

私も今、海外就職を自ら実践している「当事者」であり、その情報を多くの人に伝えることを生業としています。
本書の感想やtwitterでの意見を読んでいると、この当事者性に共感して自分もやってみようと考えてくれる人が多いことに励まされます。

しかし、海外就職を目指す「当事者」の中でも、私はかなり恵まれている部類に入ります。上記の図の中で見ると、都会に住んでいる正社員としてキャリアを積んでおり、しかもそのキャリアがアジアでの需要とマッチしているという幸せっぷり。
そんな私の海外就職活動は、日本で働いていてもチャンスがないから海外を目指す!という人の当事者性を代弁していないのでは…ということをうすうす感じていました。

さらに、私は海外就職というのは、日本で上手くいっていない人へのもう一つの選択肢であり、上図の下の四角に入っている人にこそ検討してもらいたいことです。
しかし、twitterやblog、書籍を中心とした情報伝達で、私が最も伝えたい人に情報は届くのでしょうか。。

結論から言うと、すんなり届けるのは無理そうです。

地方の若者に対しての情報発信手段として、ヤンキー雑誌やギャル雑誌はある。しかし、それ以外のまとまった情報源はまだ作られていない。地方のご近所コミュニティにも、ネットではアクセス出来ない。
今、最も多くの人に伝えるための手段としてテレビがありますが、それに載るための手段として「困窮する若者!絶望の日本!希望はアジアだけ!」みたいに、勝手に若者に憑依するマネはしたくない。

あくまでも、自分がやってきた経験と、取材した客観的な事実を元に、メリットもデメリットも真摯に伝えるしかないと考えさせられました。
そんな情報が、twitterでRTされたり、時々雑誌に載ったり、もしかしたらテレビ局の人の目にとまったりして、だんだんと広がっていうのを待つのがいいのかなと改めて考えています。

1人1人がやれることを自分でやってくしかないんです。
私は、自分の出来る範囲で情報を発信する。
困っている人は、自分のできる範囲で情報を拾っていく。
そんななかで、上手く巡り会えて、実際に情報が行動に変わって、誰かの人生をいい方向に向かわせることが出来たら…。

そんなことをゆるく考えながら、引き続き、淡々と情報を流していきますので、今後ともおつきあいいただけたらと思います。

「当事者」の時代 (光文社新書)「当事者」の時代 (光文社新書)
(2012/03/16)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る

はじめてのアジア海外就職はじめてのアジア海外就職
(2012/03/05)
もりぞお

商品詳細を見る

ケータイ小説家―憧れの作家10人が初めて語る“自分”ケータイ小説家―憧れの作家10人が初めて語る“自分”
(2008/11)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る




Check
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。